介護福祉士の仕事は高齢化社会の現代に於いては非常に重要な仕事といえます。高齢者の人口比率がどんどん高くなる状況の中で一人生活する高齢者が増えていたり、老夫婦が相互に介護を助け合いながら生活しなければいけない環境が増えつつある中では、介護を行う人材の問題は社会問題となっているのです。しかし介護の仕事はその給与水準が低く重労働でもあるため、なかなか成り手がいないという実態もあります。富山に於いては地方都市で有ることもありその問題は都心に比べさらに深刻で、介護福祉に携わる人が圧倒的に少ない事や、その施設を運営管理する人も少ないため大きな問題となっています。又、介護に関わる様々なサポート体制にも大きな課題があり、その課題を解決することも重要な課題となっています。

富山の介護福祉士の求人事情について

富山に於いては介護福祉士の求人問題は深刻な状況を迎えています。第一に介護が非常に重労働であり且つ給与水準が低いために成り手がいないという問題が有ります。介護の仕事は非常に体力が必要となる上、高齢者のサポートをするためには精神的な面での大変さも有るため、労働環境としては決して良い環境であるとは言えないのが実情です。さらに給与の面でもなかなか利益になるような仕事ではない上、介護保険によりその収入が決められているためになかなか水準が向上する要因が無いことも有るため、現実的には非常に厳しい環境に於かれているのが実態です。さらに高齢者の割合が多いため一人で何人もの人のサポートを行わなければならないという事から非常に仕事が忙しいことも重なり、実際に介護福祉の仕事に携わる人が少ないのが実態です。

介護の仕事を取り巻く環境面の課題の影響

介護福祉を的確に行うためには、さまざまな要素が揃っていることが重要です。人材はもちろんですが、介護をしっかりと行うことが出来る環境や、金銭的なサポート体制、そして介護福祉を支える様々な機能の連携が非常に重要となります。介護福祉を行う人材が安心してその仕事を行えるようにするためには、介護を受ける側にとっても行う側にとっても快適な施設の設備が重要です。しかし、その施設をつくるためには金銭的な面が非常に重要となります。その為、都心では施設などが比較的充実しつつありますが、富山の様な地方ではなかなかそのような施設を作ることが難しいため、十分な介護が効率的に行えないということになるのです。介護福祉に興味のある人でも、施設が充実していないと働く際の環境が整わないと敬遠する人も少なくありません。この点も介護福祉士の求人問題の大きな要因となっています。